Google タグマネージャー導入

Google アナリティクスをはじめ分析系のサービスは数多くあり、それぞれ独自のコードを各ページに記述するため、導入のたびにコード作業が発生する。Google タグマネージャーは管理画面で完結できるため、コード作業はGTMコード1回ですむ。

タグマネージャー Google マーケティング プラットフォーム
https://marketingplatform.google.com/about/tag-manager/?hl=ja
サポートされているタグ
https://support.google.com/tagmanager/answer/6106924


Googleタグマネージャー(GTM)とは?アナリティクスとの連携方法や使い方を解説
https://ferret-plus.com/1745?page=2
GTM
・アカウント作成
・GTMのコード発行
・各ページにコードを埋め込む
GTMのGアナリティクス設定
・コンテナから「タグ」を作成
 ・「このタグでオーバーライド設定を有効にする」にチェックを
 ・トリガーは「All Pages」
公開する
タグの作成画面。チェックを入れるとトラッキング IDフィールドが出てきた
公開後の確認

プレビューモードで確認ができる。
タグを更新すると履歴として「バージョン」を記録していく。チームマネジメントには必須、ありがたい。
Gアナリティクスのリアルタイムで公開後の確認をしよう。
更新日:
作成日: