テキスト

テキスト

.mod-p いやま狩の居りましときのようににやにやけした子のようた外国へぶんへんを行っでた。ところが手は夜通し見て遠く見ているませ。

.u-paragraph と同じ。いやま狩の居りましときのようににやにやけした子のようた外国へぶんへんを行っでた。ところが手は夜通し見て遠く見ているませ。

.u-notes いやま狩の居りましときのようににやにやけした子のようた外国へぶんへんを行っでた。ところが手は夜通し見て遠く見ているませ。

  • .list-ut-notes.adjust-01em すると一毛たちのパチパチパそれのようだキャベジへなあ、ドレミファたり小太鼓とへんじと同じとまげて何さんをなっようがなりたのです。」と思うたな。チッたた.list-ut-notes.adjust-01em

装飾クラス

element.class 説明 サンプル
strong 太字 ゴーシュ (strong)
span.weak 文字サイズはそのまま、色がうすい。 次のように (span.weak)
span.weak_size 文字が小さい、色はそのまま。 ごつごつをもっとしように (.weak_size)
span.u-appeal-a 文字サイズはそのまま、色を強調。 みんなじゃも (span.u-appeal-a)
span.u-appeal-b 文字サイズはそのまま、色を強調。 みんなじゃも (span.u-appeal-b)
span.u-appeal-c 文字サイズはそのまま、色を強調。 みんなじゃも (span.u-appeal-c)
span.appeal_size 文字が大きい、色はそのまま。 ゴーシュ (span.appeal_size)
span.emergency 背景赤、文字白 弾きていただ (span.emergency)
span.highlighter 背景黄色 云いたように音 (span.highlighter)
span.code_inline

背景グレー

echo $p;

.list-ut-notes

  • *1すると一毛たちのパチパチパチッたた
  • *2風は下の向うからねずみにきはじめてそこにゴーシュを弾いて
  • *3おいは練習行くてすこし町を弾くましなんどにいうのでしまいかっこうに来てときうたて、セロへ行くて出しまで給えながらばかを弾い食うだろと出てこどもをいうましない。
  • ※12それのようだキャベジへなあ、ドレミファたり小太鼓とへんじと同じとまげて何さんをなっようがなりたのです。」と思うたな。
  • 1風は下の向うからねずみにきはじめて
  • 2二つをあるて首はすっかり

.list-ut-notes.w01em

  • すると一毛たちのパチパチパそれのようだキャベジへなあ、ドレミファたり小太鼓とへんじと同じとまげて何さんをなっようがなりたのです。」と思うたな。チッたた

.list-ut-notes.w08em

  • *1すると一毛たちのパチパチパチッたた
  • *2風は下の向うからねずみにきはじめてそこにゴーシュを弾いて
  • *3おいは練習行くてすこし町を弾くましなんどにいうのでしまいかっこうに来てときうたて、セロへ行くて出しまで給えながらばかを弾い食うだろと出てこどもをいうましない。
  • ※12それのようだキャベジへなあ、ドレミファたり小太鼓とへんじと同じとまげて何さんをなっようがなりたのです。」と思うたな。
  • 1風は下の向うからねずみにきはじめて
  • 2二つをあるて首はすっかり

語句リスト .list-ut-notes-horizontal

  • 通常公演
  • 舞台装置の説明
  • 前半平日割

語句リスト .list-ut-words

すきなもの
カレーライス
サンプル
注釈サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプル
※3
注釈サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプル
※14
注釈サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプル注釈サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプル

.list-ut-sentence

  • (1)すると一毛たちのパチパチパチッたた

    おいは練習行くてすこし町を弾くましなんどにいうのでしまいかっこうに来てときうたて、セロへ行くて出しまで給えながらばかを弾い食うだろと出てこどもをいうましない。

  • (2)すると一毛たちのパチパチパチッたた

    おいは練習行くてすこし町を弾くましなんどにいうのでしまいかっこうに来てときうたて、セロへ行くて出しまで給えながらばかを弾い食うだろと出てこどもをいうましない。

    おいは練習行くてすこし町を弾くましなんどにいうのでしまいかっこうに来てときうたて、セロへ行くて出しまで給えながらばかを弾い食うだろと出てこどもをいうましない。

  • (3)すると一毛たちのパチパチパチッたた

    おいは練習行くてすこし町を弾くましなんどにいうのでしまいかっこうに来てときうたて、セロへ行くて出しまで給えながらばかを弾い食うだろと出てこどもをいうましない。

    • aすると一毛たちのパチパチパチッたた

      おいは練習行くてすこし町を弾くましなんどにいうのでしまいかっこうに来てときうたて、セロへ行くて出しまで給えながらばかを弾い食うだろと出てこどもをいうましない。

  • (4)すると一毛たちのパチパチパチッたた

    おいは練習行くてすこし町を弾くましなんどにいうのでしまいかっこうに来てときうたて、セロへ行くて出しまで給えながらばかを弾い食うだろと出てこどもをいうましない。

.boxed-ut

.boxed-ut.type-frame h3

さっきは穴のおかげのそのいっしょをかっこうのヴァイオリンをなおるや虎の舞台へ走ったりおこってまげすぎへこってもうしがいてしまうだんまし。火事を中をしてこんをなって半分のよくねどこがやるたまし。

.boxed-ut.type-frame h2

さっきは穴のおかげのそのいっしょをかっこうのヴァイオリンをなおるや虎の舞台へ走ったりおこってまげすぎへこってもうしがいてしまうだんまし。火事を中をしてこんをなって半分のよくねどこがやるたまし。

.boxed-ut.type-inquiry

さっきは穴のおかげのそのいっしょをかっこうのヴァイオリンをなおるや虎の舞台へ走ったりおこってまげすぎへこってもうしがいてしまうだんまし。火事を中をしてこんをなって半分のよくねどこがやるたまし。

.boxed-ut.type-inquiry

さっきは穴のおかげのそのいっしょをかっこうのヴァイオリンをなおるや虎の舞台へ走ったりおこってまげすぎへこってもうしがいてしまうだんまし。火事を中をしてこんをなって半分のよくねどこがやるたまし。

.boxed-ut.type-information

さっきは穴のおかげのそのいっしょをかっこうのヴァイオリンをなおるや虎の舞台へ走ったりおこってまげすぎへこってもうしがいてしまうだんまし。火事を中をしてこんをなって半分のよくねどこがやるたまし。

.boxed-ut.type-information.type-frame

さっきは穴のおかげのそのいっしょをかっこうのヴァイオリンをなおるや虎の舞台へ走ったりおこってまげすぎへこってもうしがいてしまうだんまし。火事を中をしてこんをなって半分のよくねどこがやるたまし。

.boxed-ut.type-important

さっきは穴のおかげのそのいっしょをかっこうのヴァイオリンをなおるや虎の舞台へ走ったりおこってまげすぎへこってもうしがいてしまうだんまし。火事を中をしてこんをなって半分のよくねどこがやるたまし。

.boxed-ut.type-important.type-frame

さっきは穴のおかげのそのいっしょをかっこうのヴァイオリンをなおるや虎の舞台へ走ったりおこってまげすぎへこってもうしがいてしまうだんまし。火事を中をしてこんをなって半分のよくねどこがやるたまし。

.boxed-ut.type-caution

さっきは穴のおかげのそのいっしょをかっこうのヴァイオリンをなおるや虎の舞台へ走ったりおこってまげすぎへこってもうしがいてしまうだんまし。火事を中をしてこんをなって半分のよくねどこがやるたまし。

.boxed-ut.type-caution.type-frame

さっきは穴のおかげのそのいっしょをかっこうのヴァイオリンをなおるや虎の舞台へ走ったりおこってまげすぎへこってもうしがいてしまうだんまし。火事を中をしてこんをなって半分のよくねどこがやるたまし。

.boxed-ut.type-emergency

さっきは穴のおかげのそのいっしょをかっこうのヴァイオリンをなおるや虎の舞台へ走ったりおこってまげすぎへこってもうしがいてしまうだんまし。火事を中をしてこんをなって半分のよくねどこがやるたまし。

.boxed-ut.type-emergency.type-frame

さっきは穴のおかげのそのいっしょをかっこうのヴァイオリンをなおるや虎の舞台へ走ったりおこってまげすぎへこってもうしがいてしまうだんまし。火事を中をしてこんをなって半分のよくねどこがやるたまし。

.boxed-ut-head

走ったりおこってまげすぎへ

さっきは穴のおかげのそのいっしょをかっこうのヴァイオリンをなおるや虎の舞台へ走ったりおこってまげすぎへこってもうしがいてしまうだんまし。火事を中をしてこんをなって半分のよくねどこがやるたまし。

.type-a 走ったりおこってまげすぎへ

さっきは穴のおかげのそのいっしょをかっこうのヴァイオリンをなおるや虎の舞台へ走ったりおこってまげすぎへこってもうしがいてしまうだんまし。火事を中をしてこんをなって半分のよくねどこがやるたまし。

.type-b 走ったりおこってまげすぎへ

さっきは穴のおかげのそのいっしょをかっこうのヴァイオリンをなおるや虎の舞台へ走ったりおこってまげすぎへこってもうしがいてしまうだんまし。火事を中をしてこんをなって半分のよくねどこがやるたまし。

.type-c 走ったりおこってまげすぎへ

さっきは穴のおかげのそのいっしょをかっこうのヴァイオリンをなおるや虎の舞台へ走ったりおこってまげすぎへこってもうしがいてしまうだんまし。火事を中をしてこんをなって半分のよくねどこがやるたまし。

さっきは穴のおかげのそのいっしょをかっこうのヴァイオリンをなおるや虎の舞台へ走ったりおこってまげすぎへこってもうしがいてしまうだんまし。火事を中をしてこんをなって半分のよくねどこがやるたまし。

  • すると一毛たちのパチパチパチッたた
  • 風は下の向うからねずみにきはじめてそこにゴーシュを弾いて

走ったりおこってまげすぎへ

さっきは穴のおかげのそのいっしょをかっこうのヴァイオリンをなおるや虎の舞台へ走ったりおこってまげすぎへこってもうしがいてしまうだんまし。火事を中をしてこんをなって半分のよくねどこがやるたまし。

一覧へ

.text-ut-tel

関連 /w/format/btn.html#btn-brocken

通常

お電話で 090-1111-9999 お時間:月〜金 9:30〜17:30
s